松本山雅FC応援ブログ - One Soul -

松本山雅FCのニュース・トピックスや観戦レポートを発信しています。twitter(@OneSoul1965)もやってます。今の山雅の話題がわかる便利なまとめアカウント。松本山雅を応援するすべてのファン・サポーターのフォローを目指しています。気軽にフォローしてください。

浦和レッズの試合観戦レポート~埼玉スタジアムへの行き方や観戦ルールなど~

更新日:

3月14日に行われた浦和レッズの開幕戦に行ってきたので、その観戦レポートを書きます。

4月4日に浦和レッズvs松本山雅の試合があるので、その下見の意味もありました。

写真中心でまとめています。

スポンサーリンク

浦和美園駅から赤一色

埼玉スタジアムの最寄駅は、『浦和美園駅』です。

クルマで埼玉スタジアムまで来る場合は、浦和美園駅周辺にある駐車場か、イオンの駐車場が使えると思います。

イオンショッピングセンター浦和美園の駐車場料金はこんな感じになっています。

浦和美園駅周辺の駐車場料金

駅からは、シャトルバスか、徒歩で向かうことが出来ます。
シャトルバスは、常に4~5台が駅に待機し、ピストン輸送しているので待たされることはないと思います。
シャトルバスの降車所は、埼玉スタジアム北門になりますが、アウェイ席に近い入場ゲートは南門になるので、少し遠回りになるかもしれません。

徒歩の場合は、駅からスタジアムまで歩行者専用道路があるので迷うことなく、スタジアムにたどり着くと思います。
途中に、屋台も出ているので立ち寄るのも楽しいです!



とにかく、4万人近くのレッズサポーターが集まるので電車の中、浦和美園駅は赤一色でした。

浦和レッズ戦の観戦ルール

今年から、レッズ戦の席割が変更になっています。

◇主な変更点◇
[1]チケット料金の改定
[2]高校生の子ども料金化。ファミリー向け席種の料金値下げ
[3]ファミリーシートエリアの拡大
[4]バックスタンドの全席指定席化
[5]ゴール裏自由席について
[6]アッパースタンドの席種名称変更
[7]ビジター指定席の設置

詳細は、下のリンクで確認してください。
2015シーズンのチケット料金改定および席割り変更について

ここで注意してほしいのが、[7]ビジター指定席の設置です。

これによって、明確にホームサポーターとビジターサポーターの区分けがされるようになりました。

詳細はこちらです。
ビジター観戦ルール

従って、ビジター席以外での山雅の応援はNG。ホーム自由席、レッズシート、SA指定席、SB指定席、バックアッパー指定席は、浦和レッズの応援席のため、対戦(ビジター)チームの応援はできません。

今回、ビジター席のチケットを買えなかった方は、大人しく座って応援しましょう。

静まり返る埼玉スタジアム

レッズの開幕戦の相手は、山形でした。
山形の応援席は、こんな感じでした。

レッズは、こんな感じです。

試合は、山形の守備的な戦術にレッズが苦労している印象でした。

時より、両サポーターの応援が止み、スタジアム全体が静かになります。

そして、選手の声、ボールを蹴る音だけがスタジアム内に響いて聞こえてきます。

それはレッズのパスワークによって、ボールが途切れることなく試合が進んでいくことで、観客全員が選手のワンプレー、ワンプレーに集中している感じでした。

その結果、味方や相手のプレーに対して、ブーイングが起こる場面もありました。

何とも言えないブーイングの迫力を味わえると思います。

山雅のサポーターがこのブーイングをどう感じるのか、気になるところです。

試合は、レッズが阿部選手のスーパーミドルで1-0で勝利しました。

レッズの勝利後は、勝利の歌「We are Diamonds」を選手とサポーターが合唱します。

「We are Diamonds」は古くからレッズファンのあいだで歌われている歌です。

原曲は世界的ロックシンガーのRoderick David Stewartさん(ロッド・スチュワートさん)の「Saling」です。全英でも1位となった名曲です。

原曲もすばらしいので是非聞いてみてください。

アルウィンとは違う雰囲気

埼玉スタジアムは、アルウィンとは全く違う雰囲気です。

常勝を期待されているビッククラブのサポーターは、サッカーを見る目も肥えているように感じました。

ネットでは、レッズの応援と山雅の応援を比較して、どっちが凄いとか、勝っているなどと議論していますが、無駄な議論です。

J1で置かれている状況も違えば、チームの成り立ちも違います。

その2チームに唯一共通していることは、"勝つ"ことだけです。

また、両サポーターに共通していることは、自分たちの応援しているチームが勝つために応援すること、それだけです。

応援に勝ったも負けたもありません。

山雅の勝利を目指して、心を一つに応援しましょう。

One Soul

-松本山雅

Copyright© 松本山雅FC応援ブログ - One Soul - , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.