松本山雅FC応援ブログ - One Soul -

松本山雅FCのニュース・トピックスや観戦レポートを発信しています。twitter(@OneSoul1965)もやってます。今の山雅の話題がわかる便利なまとめアカウント。松本山雅を応援するすべてのファン・サポーターのフォローを目指しています。気軽にフォローしてください。

J2 第21節 水戸ホーリーホック×松本山雅マッチレポート

更新日:

7月3日(日)に行われたJ2リーグ 第21節 水戸ホーリーホック vs 松本山雅FCの試合。

前節の京都戦は、飯田選手の2ゴールで上位対決を制し、アウェイで勝ち点3を獲得した。

今節の水戸ホーリーホックにはリーグ戦5勝1分0敗といまだ負けなし。

水戸との試合は、いずれも複数得点で勝利している。

J2リーグ折り返しとなるこの試合、結果は2-3で勝利。

この試合を観戦レポートを中心に振り返ります。

この記事は、4000文字と長文になってしまいました、すいません。

お時間があるときに読んでください。

スポンサーリンク

いざ!ケーズデンキスタジアムへ

7月最初の日曜日、今シーズン3回目となるアウェイ試合

いざ、東京駅から水戸へ

水戸駅前の水戸黄門
1時間半で水戸駅到着、とにかく暑い!

外を歩くだけで、汗が流れてくる陽気↓↓↓

キックオフ2時間前にスタジアム到着!

ケーズデンキスタジアム水戸
メインスタンドは屋根もあり、風もぬけていたので意外と涼しい~

さらに今年初のカキ氷でクールダウン(^^♪
 

水戸に駆け付けた山雅サポーター
今日もゴール裏に大勢の緑サポーターが集結!

いつも以上に熱気も上昇↑↑↑

 
個人的に注目選手していたのが、パウリーニョ選手!

夏の補強はいい選手が来て、すぐにフィットする印象がある。

この試合も密かにパウリーニョ選手の出場を期待していた。

試合前の監督・選手のコメント

水戸ホーリーホック DF 33 福井 諒司

『水戸のために全力でやるだけ』

6月30日から合流したけど、みんな気を使ってくれているので、すんなり溶け込めそう。

水戸は曲者のイメージ。

簡単に勝たせてくれないチーム。

粘り強さが売りのチームだと思う。

自分の持っているモノをすべて出してチームに貢献したい。

今季はまだ1試合も出ていない。

その悔しさをぶつけられるチャンスをもらったことに感謝したい。

水戸のために全力でやるだけ。

水戸ホーリーホック FW 16 グエン コンフォン

『公式戦でゴールを決めないとうれしくない』

練習試合で2ゴールを決められたことは良かったけど、まだうまくできていないことが多いし、コントロールミスも多かった。

もっと頑張らないといけない。

どんなゴールだろうと、すべては公式戦に出るためのアピールに過ぎない。

なので、ゴールを決められてうれしいというより、まだまだやっていかないといけないという思いのほうが強い。

公式戦でゴールを決めないとうれしくない。

松本山雅FC MF 14 パウリーニョ

『水戸はイヤな相手という印象はある』

→ 今節の相手・水戸の印象は?

やはりイヤな相手という印象はある。

特にアウェイということで難しい試合にはなると思う。

ただチームは良い状況だし、これを続けていくだけ。

良いプレーをして、良いサッカーをして、勝ちたい。

→ 加入して即メンバー入りの可能性もあるが?

チームメートへのリスペクトは持ちつつ、先発定着を目指して貢献していきたい。

守備はもちろんミドルシュートなどにも自信があるので、出していきたい。

松本山雅FC DF 4 飯田 真輝

『勝ち点3を松本に持って帰りたい』

→ 今節・水戸戦への意気込みは?

僕の地元ということで(茨城県出身)、知り合いも試合に来る。

そういう中でしっかり勝って、点も取れるチャンスがあれば取りたい。

とりあえずは勝ち点3を松本に持って帰りたい。

試合内容

松本山雅×水戸ホーリーホック試合開始

前半は、見るに堪えない試合内容だった。

完全に相手のペースに飲まれ、思うように攻撃を仕掛けられない。

相手のプレスに押され、ボールキープもさせてもらえない状況だった。

グダグダな試合の入り方。

徐々に水戸が左サイドを制圧し、一方的な展開となる。

 
前半15分

山雅の連係ミスから、こぼれ球を水戸MF湯澤選手に決められる。

攻め込まれていた左サイドからの攻撃だった。

湯澤選手は、足が速くて、裏も取れる選手で序盤からキレキレだった。

1点を先行されても、流れをつかめない山雅。

 
決定機を作れないでいると前半41分

コーナーキックから水戸のDF細川選手に決められ、2点を先行される展開となる。

 
前半は、しょうもない内容、パッとしない山雅。

前半終わった時点で、スタジアムはこのまま水戸が勝つような雰囲気に包まれていた。

 
重苦しいスタジアムの中で、山雅のベンチは動いていた。

前半終了直後、田坂コーチとエルシオコーチが会話を交わすと、エルシオコーチが安藤選手とパウリーニョ選手を呼び、アップを指示。

この動きに期待と、このままでは終わらないという気持ちになった。

ハーフタイムの反町監督のコメント
  • われわれらしさが全くない、かっこつけても何も始まらない
  • タフに冷静に進めること

後半頭から安藤選手とパウリーニョ選手が投入される。

この交代で、劇的に試合の流れが変わる。

 
安藤選手が入ったことで左サイドの守備が安定し、水戸の攻撃パターンを封じる。

中盤は、宮阪選手がシャドーに入り、ボランチにパウリーニョ選手が入る形となる。

パウリーニョ選手が3バックの前で守備を行うことで、岩間選手が積極的にシャドーの宮阪選手、工藤選手に絡めるようになった。

また、パウリーニョ選手が奪ったボールをキープ&散らしてくれるので、攻撃にテンポが生まれる。

前半の問題点を解決した山雅は、前半のストレスを発散するように攻撃を仕掛ける。

 
後半8分

工藤選手がファーサイドに精度の高いクロスを送る。

走りこんだ飯尾選手が相手DFと競り合い、オンゴールで1点を返す。

 
この1点で山雅劇場の幕が上がる。

攻撃を緩めない山雅と、逃げ切ろうとする水戸。

逃げ切りたい水戸が2人同時に選手を交代する。

 
その直後の後半16分

左サイドの喜山選手からクロスが入る。

このボールを飯尾選手がヘディンで折り返す。

ディフェンスに当たって跳ね返ったボールを再び飯尾選手が押し込み同点に追いつく。

前半やられていた左サイドから、2得点を奪い同点に追いつく。

 
スタジアムの雰囲気も一変。

完全に山雅の勝ちゲームの空気となる。

逆転ゴールを決まるのを今か、今かと待っている雰囲気だった。

 
後半31分

飯尾選手が高い位置からプレッシャーをかけると、カウンター発動。

飯尾→工藤→高崎と流れるようなパスが繋がり、最後は高崎選手の落ち着いたシュートで逆転に成功する。

この試合シュートチャンスがない中で、ここぞ!という場面で決めてくれた高崎選手。

これぞセンターフォワードというような決定的な仕事をしてくれた。

 
後半残り10分、水戸に再三セットプレーを与えながらも、山雅の守護神シュミットダニエルが完璧にシャットアウト。

水戸の猛攻を凌ぎ、試合終了。

2点差を逆転する最高の山雅劇場となった。

https://youtu.be/5jhoL62rB9c

試合詳細 合計 前半 後半
シュート 10
FK 21 11 10
直接FK 16
間接FK
コーナーキック
ゴールキック
PK
オフサイド

水戸戦に勝利し、前半戦3位で折り返すことになった。

21試合を終わって、12勝5分け4敗の勝ち点41

2014年は13勝4分け4敗で勝ち点42

これに匹敵する成績となっている。

後半、パウリーニョ選手が効いていた。

パウリーニョ選手は、高いボール奪取能力的確なパスさばきが持ち味のボランチ。

パウリーニョ選手のプレイスタイル
  • ボールを奪い取る卓越したテクニック
  • 奪ったボールを前に持ち出す推進力
  • 球際で見せる素早く、力強い寄せ

この試合も鋭いインターセプトと、的確な寄せで相手の攻撃の芽を摘んでいた。

このボール奪取能力を活かし、高い位置で攻撃の起点にもなれるのもポイント。

また攻撃では、強力なミドルシュートが武器で湘南でもゴールを奪っている。

https://youtu.be/9gY7S0LDbMA

 
そして、日本語が堪能なことも大きな武器である。

試合中の意思疎通はまったく問題なし。

栃木や千葉では、キャプテンを任せられていたことからリーダーシップも期待できる。

山雅のサッカーにどうフィットするか、これから楽しみです。

 
反町監督は、通算500試合目の指揮となった。

この記録は、Jリーグの監督として歴代3位となる大記録。

  • 1位 石崎信弘 監督 586試合
  • 2位 西野朗 元監督 524試合
  • 3位 反町康治 監督 500試合
松本山雅・反町監督、名古屋戦で200勝達成か!西野監督との共通点とは

いよいよサッカーの季節が始まります。3月7日、2015年シーズンが開幕します。 J1初挑戦となる松本山雅の初戦の相手は、 ...

続きを見る

節目の試合、なんとか勝利をプレゼント出来た。

水戸に勝ったことで、通算成績は218勝114分け168敗となった。

珍しくガッツポーズをする反町監督

試合後の監督・選手のコメント

水戸ホーリーホック 西ケ谷 隆之監督

『プレーが弱気になってしまった』

2―0で前半を終えて、後半に2―3にされてしまったことは僕自身の責任だと思っている。

前半と後半でチームの雰囲気が変わったというか、1失点目で雰囲気が重くなってしまった。

その中でうまく流れを変えられず、バタバタしてしまった。

前半は良いゲームができていて、後半勝ちにいくというところで、チーム全体が少し勝ちを意識し過ぎてしまったというか、守りに入ったわけではないが、気持ちの面で後ろ向きというか、プレーが弱気になってしまったところがあった。

ここ2試合、後半の10分、15分のところでやられてしまって、そこで自分たちがバタバタしてしまった。

そこをもう少し徹底してやらないといけない。

チームとしてももう一度いろいろな部分をフォーカスしていかないといけない。

勝つことでしか、この部分は払拭できないと思うので、次に向けて準備をしていきたいと思う。

水戸ホーリーホック MF 18 白井 永地

『ただただ悔しい』

前半は相手がパワーを持って入ってくると思った。

自分たちのほうがパワーで上回ることができたが、後半は前節の山形戦と同じ展開になってしまった。

ただただ悔しい。

これはチームの問題。

全員が考え直す必要があると思う。

後半、受け身になる気はなかったが、相手が修正してきて、相手の戦術も変わってきた。

そこでうまくハマらなくて後手に回ってしまったところがあった。

そこは反省。

松本山雅FC 反町 康治監督

『焦らずに試合を進めることができた』

見てのとおり、前半と後半で違うチームだったことは認めざるを得ない。

こうした苦しいゲームをひっくり返すことができたのは、交代選手を含めての総合力が上がったことと、焦らずに試合を進めることができたということ。

ハーフタイムにもそういう話をしたが、1点目と2点目が早い段階で取れたということが、試合を安定させた大きな理由かなと思う。

サポーターの皆さんには日曜日のアウェイゲームにもかかわらず、1200人近く来ていただき、蒸し暑い中で最後まで応援していただいて感謝している。

松本山雅FC MF 14 パウリーニョ

『自分たちの持っている力を見せられた』

→ 松本でのデビュー戦を振り返って

みんながよく戦っていたが、水戸はホームということもあって序盤からプレスが激しく、セットプレーから2点と強みを出してきたと思う。

ただ、そこから逆転できて、自分たちの持っている力を見せられた。

自分のキャリアの中でも0―2から逆転したことは初めてなので、すごく良かった。

大事なのは勝利という結果を出すことなので、それに貢献できたことはうれしい。

-松本山雅 2016シーズン J2

Copyright© 松本山雅FC応援ブログ - One Soul - , 2017 All Rights Reserved.