松本山雅FC応援ブログ - One Soul -

松本山雅FCのニュース・トピックスや観戦レポートを発信しています。twitter(@OneSoul1965)もやってます。今の山雅の話題がわかる便利なまとめアカウント。松本山雅を応援するすべてのファン・サポーターのフォローを目指しています。気軽にフォローしてください。

J2 第22節 松本山雅×ツエーゲン金沢 マッチレポート

更新日:

7月10日(日)に行われたJ2リーグ 第22節 松本山雅 vs ツエーゲン金沢。

前節の水戸戦は、前半2失点する苦しい試合展開だったが、後半怒とうの反撃で2-3と勝利!

まるで別チームのような試合内容だったが、最高に興奮する試合だった。

前半戦を暫定2位で折り返し、いよいよ札幌を射程圏内に捉え始めた山雅。

今節は、ツエーゲン金沢との「北信越ダービー」

前回対戦では、2点を取って快勝だった山雅。

今節もその再現を狙ったこの結果は4-2で勝利!

その試合を監督、選手のコメントを中心に振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

試合前の監督・選手のコメント

松本山雅FC MF 20 石原 崇兆

『ゴールを挙げることも頭に入れてプレーしたい』

→ 今節は山本が出場停止となり、期待が懸かるが?

3日間休んで、コンディションは回復した。

今節はチャンスが来ると思って準備しているし、なんとしてもチームに貢献して、恩返ししないといけない。

前半戦は無得点に終わり、個人的にも歯がゆかった。

後半戦からは全試合に出場する覚悟で、ゴールを挙げることもしっかり頭に入れてプレーしたい。

松本山雅FC DF 13 後藤 圭太

『松本のチームカラーを貫けば、結果は付いていく』

→ 今節の相手・金沢の印象は?

良いキッカーもいるし、頼りになる長身FWが中心となって戦うチームというイメージがある。

簡単な試合にはならないと思うが、サッカーの試合は必ず0-0から始まるもの。

そこから、いかに自分たちのサッカーができるか。

選手一人ひとりがサボらず、妥協せずに頑張る松本のチームカラーを貫けば、結果は付いてくると思う。

ツエーゲン金沢 DF 18 野田 紘史

『工藤、宮阪が入って松本はかなり変わった』

第15節に対戦したときは、結構やられた感じがあった。

試合開始から『今までとは違うな』というのがあった。

前へシンプルに蹴っていたところをつないできた。

工藤さんや宮阪が入ってから、松本というチームがかなり変わった印象がある。

浦和時代に一緒だった高崎は、足元のフリックもうまくなっていた。

両足でシュートが蹴られるし、ヘディングも強い。

最近点も取っている。

やられたくない気持ちがある。

ツエーゲン金沢 DF 5 太田 康介

『ワンチャンスを狙ってやれたらいい』

→ 今節・松本戦について

前回は、0ー2で完敗だった。

今度は向こうのホームでの厳しい戦いになる。

向こうはアグレッシブに来る。

リスクを負い過ぎず、ワンチャンスを狙ってやれたらいい。

→ 最近は守備が安定してきたが?

オレはいまポジションが変わっているから、昨季とは目線が違って感覚も違うが、堅くできている。

相手がボールを持っていても、自陣の深いところまでは入られていない。

試合内容

立ち上がりからボールを支配して攻め続けた松本だが、フィニッシュの精度を欠いてネットを揺らせない。

前半1分

右サイドの敵陣深くから飯尾選手がクロスを上げる。

これはDFにクリアされるも、こぼれ球に反応した岩間選手がボレーシュートを放つ。

だが、ボールは相手に当たり、枠を外れてしまう。

前半3分

CKを獲得。

キッカーの宮阪選手がクロスを入れ、ゴール前で高崎選手が合わせるも、枠をとらえられない。

前半5分

右サイドでFKを得る。

宮阪選手からのボールに反応した後藤選手がファーサイドでヘディングシュートを放つ。

しかし、ボールは枠をとらえることができない。

前半11分

左サイドで石原選手が味方とのパス交換からクロスを上げる。

しかし、金沢GK原田選手に処理されてしまう。

前半19分

ペナルティエリア手前の右からのFK。

宮阪選手のクロスに喜山選手が合わせるも、ゴールの左に外れる。

前半28分

センターサークル付近からのFK。

ペナルティエリア内でボールを受けた安藤選手が左足を振り抜く。

しかし、ボールはDFに当たって勢いが弱まり、最後は金沢GK原田選手に処理されてしまう。

前半40分

高崎選手がファウルを受け、ペナルティエリア手前でFKを得る。

キッカーは宮阪選手。

右足でシュートを放つも、壁に当たってしまう。

前半終わって、枠内シュートがゼロ。

ハーフタイムの反町監督のコメント
  • 我慢強く続けること
  • 攻撃のとき、もう1人絡めるように
  • 長いボールの処理は早く、クロスの処理はパーフェクトディフェンスで

スコアレスで試合を折り返すと、後半は大味な展開となる。

後半5分

ゴール!

石原選手の仕掛けから、左サイドの敵陣深くでFKを獲得。

宮阪選手がクロスを入れ、その流れから最後は工藤選手のシュートが決まって先制に成功する。

後半10分

ゴール!

高崎選手の落としから、工藤選手がボールを展開する。

センターサークル付近でボールを受けた石原選手がカウンターを開始。

石原選手が長い距離をドリブルで運び、DFを引き付けてから高崎選手にパスを出す。

高崎選手が強烈なシュートでニアサイドを打ち抜き、追加点を挙げる。

高崎選手は2試合連続のゴールを記録。

後半19分

金沢がゴール。

後半23分

右サイドの敵陣中央でFKを獲得し、宮阪選手が上げたクロスはファーサイドに流れる。

これを後藤が拾うも、フィニッシュにつながらない

後半34分

金沢が追加点。

後半44分

ゴール!

後藤選手がクロスを入れ、高崎選手にボールが渡る。

高崎選手はDFのチェックを受けながらもパスを出すと、反応した岩間選手が確実に決め、土壇場で勝ち越しに成功する。

後半48分

ゴール!

ディフェンスからのクリアボールをキープすると、石原選手が1人で前線に持ち込む。

センターサークル付近から一気にペナルティエリア内に進入する。

最後は金沢GK原田選手との一対一を冷静に沈め、点差を広げる。

石原選手の山雅移籍後初ゴールを決める。

試合終了。

4-2でホームの松本が勝利!

https://youtu.be/R4Shi6TlTwo

試合詳細 合計 前半 後半
シュート 14
FK 12
直接FK 12
間接FK
コーナーキック
ゴールキック 14 10
PK
オフサイド

石原崇兆_松本山雅×ツエーゲン金沢_4

今節は、水戸戦は逆に2点リードしながら、金沢に追い付かれてしまった。

後半開始早々に工藤選手が先制点を決め、その5分後には高崎選手の2試合連続となるゴールで突き放した。

その後、2人の選手交代を行って流れを変えた金沢に追い付かれてしまった。

逆転されてもおかしくない状況で、山雅は踏ん張った。

運動量を落とさずに厚みのある攻撃を仕掛け、土壇場で勝ち越しに成功。

宮阪選手も大興奮!

最後は石原選手の今季初ゴールが決まり、金沢を振り切った。

石原選手のゴールは、2014年の岡山時代以来のゴールだった。

クラブ史上初めてホーム5連勝となった。

スポンサーリンク

試合後の監督・選手のコメント

松本山雅FC 反町 康治監督

『下を向かずにポジティブにプレーできた』

見てのとおり苦しい試合になったが、こういう試合もある。

前節の水戸戦とまったく逆の展開になったが、勝ち点3を取れたことはうれしく思う。

良かったのは、2失点したあとも下を向かずにポジティブにプレーできたこと。

例えば、J1で戦った昨季の終盤で追い付かれたときとは違う姿だった。

もちろん2失点したことは良くはないが、今季試合を重ねるに従って、自分たちに対する自信が芽生えてきた。

ただ、2試合連続でCKからやられ、2ー0のときに不用意というか、足先だけのプレーが増えた。

やはりサッカーの神様は許してくれない。

しっかりプレーすることを忘れてしまうと、こういう試合になる。

勝っているからOKではないので、水戸戦と同じような映像を作ることになると思うが、連戦の大事なポイントになると思うので、見直して反省したい。

松本山雅FC FW 29 高崎 寛之

『本当は失点をしないことが一番』

前節は2点を追い上げて、今節は2点を追い上げられた。

ここ2試合、失点が多くて簡単な試合ではなかったが、失点してから自分たちでパワーを出して勝ち越せたことは良かった。

本当は失点をしないことが一番だが、ここは修正できる部分なので、次に生かさないといけない。

得点場面は良いボールが来たので、ニアの上を狙って打ったが、うまく入ってくれた。

ツエーゲン金沢 森下 仁之監督

『守備のところで非常にファウルが多かった』

松本とのホームでの対戦に続いて、2点差で敗れたことは残念だった。

前半から、守備のところで非常にファウルが多かった。

遅れた対応の中でのつまらないファウルが多かった。

後半もそういったところを注意しようと入ったが、結局1失点目のファウルも非常に残念だった。

ただ、前回の対戦はスコアが動いたところで、自分たちは持ち直せなかった。

今日は89分まで2ー2というスコアの中でやれたことは、自信を持って今後につなげていきたい。

ツエーゲン金沢 MF 10 熊谷 アンドリュー

『ゴールを決めても、勝てないと意味がない』

ゴールを決めても、勝てないと本当に意味がない。

勝ちたかった。

→ ゴールシーンを振り返って

ボールが抜けてくると思っていて走っていた。

うまく合わせることができて良かった。

バウンドが変だったので、ちょっと強く打った。

入ってくれて良かった。

→ 今日の得点が今季初ゴールとなったが?

点を取れたことは本当にうれしい。

これで自分自身ももうちょっとプレーに余裕が出ると感じている。

いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 サッカーブログ 松本山雅FCへ

-松本山雅 2016シーズン J2

Copyright© 松本山雅FC応援ブログ - One Soul - , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.