松本山雅FC応援ブログ - One Soul -

松本山雅FCのニュース・トピックスや観戦レポートを発信しています。twitter(@OneSoul1965)もやってます。今の山雅の話題がわかる便利なまとめアカウント。松本山雅を応援するすべてのファン・サポーターのフォローを目指しています。気軽にフォローしてください。

J1-1st-第3節 清水エスパルス×松本山雅マッチレポート

更新日:

3月22日(日)に行われたJリーグ公式戦1stステージ第3節

清水エスパルス vs 松本山雅FCの試合。

アウェイ戦にも関わらず、多くの山雅サポーターがIAIスタジアム日本平に集結しました。

そして、0-1でJ1初勝利を掴んだ試合を監督、選手のコメントを中心に振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

試合前の監督・選手のコメント

清水エスパルス 大榎克己監督

『反町監督は静岡東高校で二つ上の先輩』

→今節の相手・松本の反町監督は静岡東高校で二つ上の先輩だが?

仲は良かった。生意気な1年生だったので(笑)

反町監督は人気があって、ファンレターもたくさん来ていた。

サッカーでは高校時代からいろいろなことを考えながらやっていた。

いつも残って1対1をやっていた。

股を抜いても戻って来て、もう一度股を抜くというような遊び心の多い選手だった。

監督になってからは違うが(笑)

清水エスパルス MF 7 本田拓也

『カウンターをどう止めるかがポイントになる』

セットプレーと取られたあとは怖いがそれ以外はしっかりしていれば大丈夫だと思う。

ボールは持てると思う。

変な取られ方をしなければ、問題はない。

ただ、ボールを取ったあと、人がかなり出てくる。

そこはファウルをとったり、うまく切っていかなければいけない。

そこをどう止めるかがポイントになる。

松本山雅FC 反町康治監督

『競争心やモチベーションをアップさせたい』

→ナビスコカップ第1節・鳥栖戦を踏まえ、メンバー変更はある?

ないわけじゃない。うちに安泰な選手は誰もいない。

前田(直輝)や石原(崇兆)の先発起用も十分ある。

あれくらいの力はあるが、攻撃に関わる機会も多くなった。

これから連戦もあるし、そのためにもチームの底上げを図り、競争心やモチベーションをアップさせたい。

松本山雅FC MF 6 岩沼 俊介

『犬飼とは私生活でも一緒にいた(苦笑)』

→清水には、昨季、松本に所属しており仲の良かった犬飼選手がいるが?

1年半一緒に左サイドを組んでいて、私生活でも一緒にいた彼なので(苦笑)

いまは左SBで出ているので、マッチアップはしないと思うが、相手にしてみて(自分が)いやな存在になれればいいし、アイツもアイツで成長している。

ヘディングも強いし、特にセットプレーでは注意したい。

試合内容

ホーム2連勝を狙う清水は、試合開始直後から積極的な姿勢を見せ、山雅ゴールへと迫った。

しかし、山雅の守備を突破できずにいると、徐々に流れは山雅へと傾いていく。

オビナ選手のポストプレーからシンプルに裏を突く攻撃を仕掛ける山雅。

すると前半19分。

岩上選手のループパスから池元選手が抜け出し、ペナルティエリア内からシュート。

シュートはGK杉山選手に阻まれるが、こぼれ球に反応した飯田選手が流し込み、山雅先制。

後半、清水は攻撃の重心を前に置き、長沢選手やピーターウタカ選手を軸に攻め込んできた。

しかし、山雅は自分たちのサッカーを貫き、クリーンシート(無失点)を達成する。

アウェイの地でJ1初勝利を達成した。

試合後の監督・選手のコメント

清水エスパルス 大榎克己監督

『前を向いてやっていきたい』

開幕から2試合連続満員にしてくれたサポーターに感謝したい。

勝利という結果が届けられなくて、申し訳なく思っている。

試合は(松本)山雅の奪ってからカウンター、オビナ選手に入ってからのセカンドボールを拾って前に人数を掛けてくる攻撃、あとはセットプレー。

そこは十分に準備してきたつもりだった。

ただ、セカンドボールが拾えなかった。

失点場面もスローインでオビナ選手をフリーにして、そこからしかけられた。

そこに甘さがあったのかなと。

後半になって、ウイングバックのスペースを長いボールで狙うことはできていた。

もちろんそのボールだけでなく、ボールを動かしながら幅を使って長沢駿、ウタカの足元に入れて、そこから前を向いた人が仕事をするということもイメージしていた。

何度かチャンスはあったが、不運な部分もあって点が取れなかった。

ここ2試合点が取れていないので、そこは今後に向けて課題が残った。

残念な結果だが、試合は続いていくし、勝ったときも負けたときも次の試合に修正してやっていくだけ。

前を向いてやっていきたい。

清水エスパルス DF 13 犬飼 智也

『勝ちたかったので悔しい気持ちでいっぱい』

勝ちたかったので、悔しい気持ちでいっぱい。

いつもどおりやろうと思っていたが、前にいたチームだったので、負けたくない気持ちが強く、今日の結果に対しては悔しい。

お互い蹴り合いのような形になってしまったので、もう少し自分たちで良い攻撃を作れたら自分たちのペースになったと思う。

1点を先に取られて、相手が引いて守ってきたときに、自分たちがどういうアクションを起こすのかがこれからの課題になる。

松本山雅FC 反町 康治監督

『本当によくやったと思う。素直にうれしい』

本当によくやったと思う。素直にうれしい。

ほんの数年前までこういう舞台でこういう勝利を味わうことができなかったわけで。

JリーグもJ1リーグからJ3リーグまで裾野を広げて、われわれのような地方の地域を母体としたチームが、その先陣を切ってこういう舞台に上がってこられて、胸を張って対等に戦うことができたことをうれしく思っている。

初戦もそうだったが、ホームと変わらない雰囲気を作っていただいたたサポーターの皆さん、またはテレビを通じて応援していただいた方にも感謝したい。

あくまでも始まったばかりでこれからが本当の勝負になると思うが、こうして勝ち点3を取れたことは次に向けてのモチベーションも高く持てて練習や試合ができる。

そうした努力がポストに当たっても内側に入らなかった理由の一つだと思う(苦笑)

松本山雅FC DF 4 飯田 真輝

『GKに取られてもいいやと考えて枠に蹴った』

→記念すべきゴールとなったが?

すごくうれしいし、あのときに(岩間)雄大が『上がっていい』と言ってくれたというのもある。

オビナとイケさん(池元)が絡んだらあそこにボールが来るんじゃないか、と信じていたので。良かったと思う。

ああいうボールを外したことが昨季あるので、とりあえずGKに取られてもいいやと考えて、枠に蹴った。

[ad#ra-1]

-松本山雅 2015シーズン J1

Copyright© 松本山雅FC応援ブログ - One Soul - , 2017 All Rights Reserved.