松本山雅FC応援ブログ - One Soul -

松本山雅FCのニュース・トピックスや観戦レポートを発信しています。twitter(@OneSoul1965)もやってます。今の山雅の話題がわかる便利なまとめアカウント。松本山雅を応援するすべてのファン・サポーターのフォローを目指しています。気軽にフォローしてください。

J1-1st-第7節 松本山雅×ベガルタ仙台マッチレポート

更新日:

4月25日(土)に行われたJリーグ公式戦1stステージ第7節

松本山雅FC vs ベガルタ仙台の試合。

前節の山形戦、スコアレスドローで終わり3試合続けて勝ちなし。

6節を終えた時点で、1勝2分け3敗で15位となっている。

そして、ホームアルウィンでのJ1初勝利を目指したこの試合

結果は、1-0で勝利。アルウィンでのJ1初勝利を飾った。

その試合を監督、選手のコメントを中心に振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

試合前の監督・選手のコメント

松本山雅FC 反町康治監督

『向こうのストロングなところを抑えること』

→今節の相手・仙台の印象は?

まずしっかりしたブロックを作って、そこから2トップを生かすという形を継続的にやっている。

向こうのストロングなところを抑えること。

攻撃側としては、空間を認知することが必要。

それが攻撃の厚みを生み出すし、大事にしないといけない。

守備側では人とスペースをしっかりと抑えないといけない。

最近そこがルーズで、使われると厳しい。

横着せずにやっていきたい。

松本山雅FC MF 5 岩間雄大

『ウイルソンという強力なFWがいる』

→今節の相手・仙台の印象は?

個人的に公式戦での対戦経験はなかったと思う。

ウイルソンという強力なFWがいて、一人ひとりの能力も高い印象がある。

ボールをつなぎながらも、最後にウイルソンに当ててフィニッシュまで持っていく。

前への推進力が高いチーム。

ベガルタ仙台 渡邉晋監督

『アグレッシブに勢いを持って挑みたい』

→今節の相手・松本について

松本のプレーは、今日のミーティングでも映像で見たが、私も含めて初めてあの場所に乗り込む選手たちが多い。

アウェイの雰囲気にはしっかり備えたい。

アルウィンの雰囲気は間違いなく松本の後押しになるから。

相手を受けることなく、アグレッシブに勢いを持って、肉弾戦に挑みたい。

ベガルタ仙台 DF 33 多々良敦斗

『松本はお世話になったが絶対に勝ちたい』

→今節の相手・松本について

松本はお世話になったクラブだが、ゲームが始まれば対戦相手なので、絶対に勝ちたい。

松本で経験したことはたくさんあって、どれか一つを挙げることはできない。

特にメンタル面で得たモノが多かった。

ハングリーさというか、そこで過ごした時期はうまくいかなかったことも多かったけど、だからこそ、遠周りでも得たモノもまた多かったと思っている。

試合内容

前半は、どちらも好機を作るが得点には至らない。

山雅は、得意のセットプレーでゴールに迫るが、仙台の守備を崩せない。

前半は、一進一退のまま0-0で折り返す。

後半、ついに均衡が破られる。

後半15分、岩沼選手が前線にパスを送ると、ペナルティエリア内でオビナ選手、岩上選手が粘る。

最後は、岩上選手が抜け出しシュート。

ゴール左に豪快に突き刺し。先制に成功する。

追い付きたい仙台は、後半23分ウィルソン選手を投入し、攻撃厚みをもたせ、反撃に出る。

しかし、山雅の守備を崩すことが出来ないまま、試合終了。

山雅が逃げ切り、ホーム初勝利と勝ち点3をゲットした。

試合後の監督・選手のコメント

松本山雅FC 反町康治監督

『勝ったときの喜びもひとしお』

ホームでなかなか勝ち点が取れない試合が続いていたので、非常にうれしい。

あと多々良と山本も活躍しないで感謝している(苦笑)。

→今季、ホーム初勝利だが?

常にプレッシャーがあるのも分かっているが、その中でやるからこそ勝ったときの喜びもひとしお。

我々は、連戦とか夏場の戦いとかを想定してシーズン前から入っているが、この連戦をどううまくやっていくか。

次の試合は、出場停止の選手が出たが、ある意味連戦中に出場停止の選手が出るのは想定内であって、新しい力も必要としている。

短い期間だが、またエネルギーをしっかり溜めてアウェイのG大阪戦、勝ち点を取って帰りたい。

松本山雅FC FW 9 オビナ

『ブラジル時代から連戦は慣れている』

疲れた(苦笑)。

連戦ということで休みがなかったが、ブラジルでも同じように水曜日に試合をして、週末にまた試合という形はよくあること。

慣れているが、次の試合に向けて休むところはしっかり休んで、またエネルギーを蓄えたい。

ベガルタ仙台 渡邉晋監督

『アウェイで勝ち切れない日々が続いている』

我々がこのスタジアムにバスで乗りこんでくる途中に、大勢の仙台サポーターがスタジアムの周りにいた光景を目にした。

遠い長野、松本まで仙台サポーターが来てくれたこと

そのサポーターに勝ち点3を届けられなかったこと

非常に悔しい思いをさせてしまって、申し訳ない気持ちと残念な思いでいっぱい。

なかなかアウェイで勝ち切れない日々が続いているが、なんとしても今日は粘り強く戦った先に、勝ち点3を取れるような戦い方をしたいと思っていた。

ベガルタ仙台 DF 33 多々良敦斗

『だからこそ悔しさしかない』

絶対に勝ちたかった。

懐かしいスタジアムで、多くの人から声を掛けてもらった。

あらためて『良いところにいたんだな…』と思った。

だからこそ悔しさしかないし、もっと成長しないといけないと感じた。

[ad#ra-1]

-松本山雅 2015シーズン J1

Copyright© 松本山雅FC応援ブログ - One Soul - , 2017 All Rights Reserved.