DAZNの料金から解約方法まで解説!

DAZNのメリットとデメリット!スカパーのJリーグ中継とは違う

投稿日:

dazn メリット デメリット

2016年8月23日に新しい動画配信サービスがスタートしました。

その名は「DAZNダ・ゾーン

DAZNダ・ゾーンは、英動画配信大手のパフォーム・グループが提供するスポーツ専門動画サービスです。

ライブストリーミング配信でサッカーからボーリングまで年間6000試合を提供する大型動画サービスです。

2017年からはJリーグ(J1、J2、J3)、チャンピオンシップ、J1昇格プレーオフが放送されることが決定しています。

DAZNの参入により、スカパーでのJリーグ放送が終了しました。

2017年からJリーグはDAZNで観戦することになりました。

スカパーのJリーグ放送と違いがあるので、DAZNとスカパーの違いを解説します。

DAZNのJリーグとスカパーの違い

2016年のスカパーとDAZNのJリーグ中継の違いを解説します。

大きな違いとしては、3つです。

  • 録画できない
  • テレビ視聴するなら別途端末が必要
  • 天皇杯・ルバンカップはDAZNでは放送されない

その他にもスカパーとの違いを紹介します。

料金について

DAZNの月額料金は、1,890円(税込)です。

一方スカパーと比較するとこんな感じになります。

スカパーは基本料金420円+月額料金となります。

料金面だけ見るとDAZNの1,890円は魅力的です。

Jリーグ戦だけ見る方は、DAZNがおすすめです。

天皇杯・ルバンカップクラブオフィシャル番組も見ている方は、『スカパー!サッカーセット』があります。

視聴方法も変わります。

DAZNをテレビで見るためには、Fire TV Stick/PS4、もしくはスマートテレビが必要になります。

DAZNをテレビで見る方法!価格や画質で比較したおすすめ8選

私のように試合を録画して、倍速で視聴する場合もスカパーでないと出来ません。

DAZNではYouTubeのような倍速再生には対応していません。

画質について

画質は、スカパーオンデマンドと差はありません。

しかし、大きな違いが1つあります。

それはDAZNは動画視聴時にデータがキャッシュされないということです。
※キャッシュとは、受信したデータを一時的に視聴機器内に保存しておくことです。

そのためDAZNは、通信環境が不安定なところでは途切れ、途切れになります。

一方スカパー!オンデマンドは、データがキャッシュされます。

そのため一時停止にして時間をおいて再生すれば、スムーズに視聴ができます。

dazn
DAZNの画質を改善!最適な設定は?視聴環境で5段階評価してみた

操作性について

操作性は、YouTubeに近いです。

スカパー!オンデマンドとの違いもあります。

スカパー!オンデマンドは、動画再生時に別画面でされます。

しかし、DAZNは動画が同ブラウザ内で再生されます。

少しでも画面を操作するとメニュー画面がアクティブになり、映像が暗くなります。
DAZNのブラウザ非アクティブ

画面に触れると↓
DAZNのブラウザアクティブ

アクティブな状態でスクロールすると、再生は続き、音声が小さくなります。

これがかなり鬱陶しい。

実況と解説について

スカパーでの放送が完全になくなれば、実況者や解説者もDAZNに移るでしょう。

ただこれまでスカパーで培ってきたコンビネーションが維持されるかは疑問です。

例えば玉乃淳氏と下田恒幸氏のコンビは秀逸です。

これがなくなってしまうのは大変悲しいです。
玉乃淳氏と下田恒幸氏のコンビ

DAZNの実況・解説者についてはDAZNのサッカー解説者を紹介で紹介します。

スポンサーリンク

DAZNのJリーグ中継が変わった

DAZNのJリーグ中継は3シーズンで大きく変わりました。

DAZNでJリーグの放送が始まった当初の印象はこんな感じでした。

操作性

パソコンもスマホアプリも使い心地が良くなかった!

  • 両方のデバイスで閲覧する際はコンテンツが横並びになっている
  • 一般的な動画配信サービスは縦にスクロールする形となっている
  • DAZNでは操作性に戸惑いやすく、視認性があまり良くない
  • PCブラウザは特に横スクロールがマウスで効かないのでクリックが必要

PCブラウザにしてもスマホアプリにしても、正直なところDAZNの使い心地は良いとは言えません。
独自性を意識したサービスなのかもしれませんが、上記の点がイマイチなところです。
それに、スマホアプリでは動作がもっさりとした感じになっていて、サッカーチャンネルを開きながら別の動画を観るながら視聴もできないのです。

見逃し配信がいつまでなのか分からない

ライブ放送で番組を閲覧できなかった時に見逃し配信が役立ちます。

しかし、DAZNの見逃し配信は「○○日まで」と期限が設定されておらず、いつまでなのか正確に分からないのがデメリットです。

コンテンツによっては想像以上に早く見逃し配信が終わることもあります。

動画ダウンロード機能は実装されていないので、通信環境の悪い場所でオフラインでリプレイするような楽しみ方はできません。

どうしても観たいビックマッチなどは見逃し配信ではなく、ライブ放送で閲覧すべきです。

動画配信の権利は地域によって制限されていて、見逃し配信でもライブ放送でも日本で契約すると海外から視聴することはできません。

動画再生

1分間程度のラグが生じる

  • Twitterや速報サイトをチェックしながらライブ配信を観ている
  • 先にネタバレを食らってサッカー配信を楽しめない
  • 番組を観る気が失せてしまう

DAZNに限ったことではなく、すべての動画配信サービスに該当する点として1分間程度のラグが生じます。

スポーツで結果が先に分かってしまうのはツラいことなので、動画視聴の際は注意してください。

頻繁に画質が下がったり停止したりする

「DAZNは他のサービスとは違って頻繁に画質が下がったり停止したりする」という評判や意見がありました。

推奨回線速度を満たしていても画質が粗くてカクカクとしてしまったり、5分置きくらいに画面が真っ暗になったりというトラブルが起こります。

使用するデバイスや視聴環境によって異なりますが、テレビでスカパーのサッカーチャンネルを観るのとは違うと心得ておきましょう。

動画のシークが遅くてイライラする

見逃し配信を観ていて結果が分かっていると、お目当てのシーンまでシークバーを動かして視聴することがあります。

YouTubeでもニコニコ動画のプレミアム会員でも利用できる機能ですが、再生位置を指定してから動画が始まるまでに10秒間以上待たされることが少なくありません。

  • お目当てのシーンが10回以上ある
  • その度に10秒間程度クルクルと回っている
  • スムーズに閲覧できなくてイライラする

外出中のちょっとした空き時間に観ようと思っても読み込み時間が遅く、これから改善して頂きたいポイントの1つです。

DAZNの視聴環境と画質

DAZNは、パソコンまたはスマホ(iOS,Android)が基本になります。

テレビで見るためには、Fire TV Stick/PS4、もしくはスマートテレビが必要となります。

画質については、可もなく不可もなくといった感じです。

スカパーオンデマンドとの差はないです。

動画視聴開始は荒いものの、視聴している間に綺麗になります。

安定した通信環境であればストレスなく視聴可能です。

2週間DAZNでスポーツ観戦をしてみました。

その結論は、とてもスポーツを見られるレベルではないというのが私の見解です。

それはなぜか。

再生中カクカクします。そして途中で再生が止まります。

90分の試合をフルで見る気になりません。

筆者の持っているデバイスでは、スマートフォン、パソコンです。

ネット環境は、Wifi・有線LANで視聴してみました。

どちらもカクカクが止まりません。

現状の状態では、とてもサッカー観戦には耐えられない。

DAZNの画質について続報です。

いろいろ試してみるとちょっとした傾向が分かりました。

パソコンで観る場合、ブラウザとの相性がありそうです。

Wifi+Chromeブラウザだとカクカクしたり、映像が止まってしまいます。

Wifi+Internet Explorer・Edgeブラウザだと画質の荒さは変わりませんが、再生はスムーズでした。

有線LAN+Chromeブラウザだと再生はスムーズですが、画質は荒いです。

有線LAN+Internet Explorer・Edgeブラウザなら画質、再生ともにストレスなく観ることができました。

ノートPC(Wifi)とデスクトップ(有線LAN)で試してみましたが、どちらもChromeブラウザとの相性が良くないようです。

体感的にはIE・Edgeのほうが画質は綺麗に感じました。

でも、やっぱりテレビで観たかったので Amazon Fire TV を買っちゃいました。

2017シーズンのJリーグ中継の詳細が発表されました。

この中で動画配信時の遅延や停止などの技術的な課題についてコメントがありました。

昨年のブンデスリーガ開幕の際に一時そうした問題が起きてしまったが、Jリーグで同様のことが起こらないよう設備増強を進めている。

随時サーバーの増強を行っている段階ということが分かりました。

Jリーグ開幕まであと1ヵ月。

トラブルなく開幕を迎えられることを願っています。

2017年当時は、これだけの問題がDAZNにはありました。

しかし、いま現在ここで挙げてた問題は解消しています。

実際、動画再生は非常にスムーズになり、カクカクすることはなくなりました。

見逃し配信の期間も動画ごとに表示されるようになっているので、分かりやすくなりました。

DAZNのサービス改善スピードは早く、Twitterなどで問題をキャッチアップして丁寧に返信もしてくれます。

DAZNで快適にJリーグが視聴できるようになりました。

▼月額料金が初月無料!0円▼

DAZNの無料キャンペーンはこちら

いつでも解約可能

DAZNのメリット!

DAZNのメリットは何なのか。

それはスポーツに特化したチャンネル構成月額料金の安さです。

主要スポーツの配信に対応している

DAZNは2017年から10年間に渡ってJリーグの放映権を獲得しました。

日本でのメインコンテンツは、Jリーグになります。

しかし、Jリーグだけではなく主要スポーツの配信に対応しているポイントも見逃せません。

どんなジャンルに対応しているのか見ていきましょう。

  • プロ野球
  • バレー
  • 格闘技
  • ラグビー
  • テニス
  • バドミントン
  • 卓球
  • ビリヤード
  • フィッシング
  • F1
  • バスケットボール
  • サイクリング
  • ゴルフ

同じサッカーでもJリーグに加えてイングランドFAカップやチャンピオンズリーグも視聴でき、スポーツ好きの人にとってパラダイスのようなサービスなのです。

関連記事DAZNで視聴できるサッカーリーグ

ライブ配信と見逃し配信(アーカイブ)の2種類から選択できる

DAZNは、ライブ配信と見逃し配信(アーカイブ)の2種類から選択可能です。

ライブ配信

その名の通りリアルタイムで視聴できるので結果は分からない

見逃し配信(アーカイブ)

タイムシフトサービスで放送が終了した後に観られる

ネット動画配信サービスを登録するに当たり、見逃し配信(アーカイブ)が便利だと感じている方は多いかもしれません。

  1. 仕事で観たいサッカーチャンネルを見逃してしまった
  2. DAZNではライブ配信の後に一定期間に渡って見逃し配信が行われている
  3. 時間を選ばずに自分の好きなタイミングで視聴できる

見逃し配信のおかげで見逃してしまっても心配はいりません!

今月の配信スケジュールに関しては、DAZNの公式ホームページで記載されており、リアルタイムで観たい方は事前にチェックしておきましょう。

月額1,750円と1ヵ月あたりの料金が安い

今まではサッカーチャンネルを見るなら、スカパーやWOWOWをイメージする方が多かったかもしれません。

しかし、これらの動画配信サービスと比較してDAZNは月額1,750円と1ヵ月あたりの料金が安めに設定されているのがメリットです。

加入するプランによって異なりますが、スカパーですべてのサッカーチャンネルを観たいのであれば約6,000円はかかります。

一方でDAZNは月額1,750円で配信されているすべての番組を楽しめます。

アカウント1つで6デバイスまで共有可能

DAZNはアカウントを取得してからサインインして番組を視聴する形となります。

  • パソコン
  • テレビ
  • スマートフォン
  • タブレット
  • ゲーム機器

これらを使って視聴できるので自宅でも外出先でも楽しめますし、アカウント1つで6デバイスまで共有できるのがメリットです。

大画面でサッカーチャンネルを観たいのであれば、Fire TV Stick/PS4、スマートテレビを用意しましょう。

ただし、共有できるのが6つのデバイスなだけで、同時視聴は2台までと決められているので注意してください

スマホでも十分に画質が綺麗で満足度が高い

「DAZNはスマホでも十分に画質が綺麗で満足だった」と評判を得ています。

デバイスによっては途中で止まったり観られなくなったりしますし、インターネットで動画を配信するサービスである以上は仕方がありません。

それでも、今の時代に特化してスマホで観る用に最適化されており、HD画質でサッカーを観戦すればもっと満足度は高くなります。

公式サイトでは画質を判定するための接続速度の目安が記載されているので、サービスへと登録する前にチェックしておきましょう。

関連記事DAZNを快適に見る通信速度

スポンサーリンク

スカパーでJリーグが放送される可能性

パフォームは、Jリーグと10年間で2100億円の放送権契約を結びました。

これによりスカパーが来季もJリーグを放送するためには、パフォームからサブライセンスを取得しないと放送が出来ません。

こういう状況になった原因には、NTTの存在があります。

2015年12月の段階でソフトバンク、パフォームがJリーグの放送権獲得に向けて動いていました。

当初の金額は約50億円。

そこから値段がつり上がったことでパフォームは、NTT、スカパーとタッグ組み100億円でJリーグにオファーします。

これによってソフトバンクが交渉から下ります。

そこで3社での契約が進んでいれば、スカパーはJリーグを放送することは可能でした。

しかし、最終的にスカパーは契約から外れました。

その理由は、

スカパー!オンデマンドとNTT(ドコモ)のdTVが競合するから

でした。

競合?

これまでdTVでサッカーを配信したことがありますか?

そもそもdTVにはスポーツジャンルありませんよね。

競合するのは、ドラマや映画の部分でしょう。

なんとも取って付けたような理由です。

とても裏を感じてしまうのは、私だけでしょうか。

関連記事ドコモユーザーのDAZN割引サービス

毎日新聞の記事によると、パフォームはスカパーに対してサブライセンスでの映像提供に否定的な考えのようです。

この考えは、パフォーム・インベストメント・ジャパン最高経営責任者のジェームズ・ラシュトン氏が毎日新聞社のインタビューで明らかにしたものです。

「スカパーとの関係に結論は出たのか」、という質問に対して、ジェームズ・ラシュトン氏はこのような発言をしています。

スカパーとの取引はない。
我々はJリーグの10年間の独占放映権を購入し、ファンを最優先にしたサービスを提供することに集中している。

この発言どおりあれば、スカパー継続がなくなったことになります。

スカパー側からのアナウンスはまだありません。

公式のアナウンスを待ちたいと思います。

一方でJリーグ側の思惑も分かってきました。

9月2日、ロイターがJリーグの村井満チェアマンにインタビューを行いました。

その中で村井チェアマンは、こんな発言をしています。

今回の契約では、無料のテレビ放送にどれだけ露出するかを重視した。

そのため初めて著作権をJリーグが持った。

現在、Jクラブは38都道府県にあるが、これによりローカルテレビ局などに安価で素材を提供できるようになる。

テレビでJリーグの試合を見て、こんなに面白いのであればDAZNを契約しようという好循環を作りたい。

いま20代ではテレビとスマホの視聴時間が逆転している。

さまざまなメディアにわれわれの素材が流れていくことは極めて大事だ。

Jリーグ側は既存放送網でJリーグの露出を増やし、そこからDAZNにファンを流そうと考えているようです。

ただその受け入れ先のDAZNのサービスレベルが整っていない状況でこれをやってしまうのは、危険だと思います。

いざ契約してもまともに試合が見られないようなサービスでは、逆にファンが離れていく恐れもあります。

スカパーから2016年でJリーグ関連の放送を終了すると発表がありました。

スカパーは17年以降も放送継続を目指していましたが、パフォーム側との交渉が成立しませんでした。

来季以降は、DAZNでJリーグが放送されることになります。

スポンサーリンク

DAZNマネーでJリーグが活性化!

DAZNとJリーグが契約したことで、サッカーの観戦方法が大きく変わりそうです。

これまでスカパーでテレビでJリーグを観戦していた方は、切り替えが必要になりそうです。

料金は安くなりますが、それによって失われるものもあります。

気になるのが今回の契約で得られるお金の使い方です。

クラブへの分配金の増額は当然行われものだと思っています。

さらに成績に応じたボーナスも必要だと思います。

Jリーグのレベルを上げるためには、各クラブ間の競争も必要です。

潤沢な資金で積極的な補強を行うチームも出てくると思います。

来季の優勝賞金が10億円になりそうです。

また固定分配金も3.5億円に増額されることになり、総額13.5億円を手にすることが出来ます。

今季の年間優勝の賞金は1億円。

ステージ優勝と年間勝ち点の賞金を合わせると最大で2.8億円、J1の各クラブに支給される固定配分金は約2億円です。

固定分配金が1.5億円増額されるのは、地方クラブにとっては有難い話です。

そして、個人的にやってほしいのは欧州審判の招聘です。

しかも単発ではなく、1年間Jリーグの審判を務めるのです。

9~12人を招聘して、毎節3~4試合担当する形するのが理想だと思います。

そうすればもっと日本のサッカーが面白くなると思います。

DAZNとスカパーでは、料金面だけ見るとDAZNが魅力的です。

またスポーツ全般を見る人にとっては、おすすめのサービスです。

ただスカパーには、Jリーグに関連した独自コンテンツが豊富にあります。

DAZNは2017年から10年間に渡ってJリーグ中継を配信する契約を約2,100億円で結びました。

ユーザーに対して月額1,750円と低価格で提供することで注目を集めました。

サッカー好きの人にとっては願ってもない話です。

新しいサービスなので、スカパーと比べるとメリットとデメリットがあります。

実際に1ヵ月間の無料体験でDAZNを使ってみるのもおすすめです。

DAZNのトップページに戻る

DAZNの入会方法はこちら!

▼ DAZNの知りたいこと検索 ▼

Copyright© DAZNのサッカー早わかり!スグ使える情報アラカルト , 2019 All Rights Reserved.