松本山雅FCのニュース・トピックスや観戦レポートを発信!

松本山雅の応援ブログ

遊び・観光

名古屋に行ったら買いたいお土産、食べたいグルメランキング!

更新日:

名古屋と言えば、味噌煮込みうどん、手羽先、エビフライ、名古屋コーチン、ういろ、ひつまぶしなど美味しいものが盛りだくさん。

名古屋に行く機会は、仕事が中心でした。

でも、サッカーの試合で豊田スタジアムに行くことも多くなりました。

そこで、今回は名古屋に行ったら、買ってみたいお土産や、豊田スタジアムで食べたいスタジアムグルメを紹介します。

赤福、なが餅は定番のおみやげ

はじめて名古屋を訪れた際に、夕食で食べたのは手羽先でした。

そこのお店では、お持ち帰りも出来たので一番はじめのお土産は、手羽先でした。

そのほかにも、味噌煮込みうどん、しるこサンド、ゆかり、餡麩三喜羅(あんぷさんきら)冷凍手羽先などいろいろなお土産を買っています。

名古屋は、グルメが豊富でアイディア満載のお菓子も多い印象です。

その中でも個人的におすすめしたいものは…

赤福

名古屋駅で買える赤福

赤福は、三重県の伊勢の名物ですが、名古屋でも売っています。

値段は、8個入りが720円。

12個入りだと1030円です。

甘すぎないあんこと弾力あるお餅が食べやすく、へらでお餅をすくうように食べるのも面白いです。

名古屋駅買う場合は、グランドキヨスク名古屋です。

名古屋駅の中で1番規模が大きいお土産店です。

JR名古屋駅で赤福を扱う売店は、5カ所あります。

その内の2つは新幹線改札内と新幹線ホームにあります。

在来線にも2つありますが、どちらも夜9時で売り切れてしまうい可能性があります。

赤福の最終納品は17:00頃のようで、夜間の名古屋駅での赤福GETは難しいです。

なが餅 笹井屋

なが餅を名古屋駅で買うなら

なが餅は、名古屋土産の中で1番ハマったお土産です。

値段は7個648円。

11個1,080円です。

美味しくて、食べやすい。

しっかりしたお餅の中に甘さ控えめのこしあんが入り、おやつに食べても腹持ちがよく、小分け包装で食べやすいです。

いっぱい食べたいので、沢山入ったものを買いたいけど、賞味期限は3日です。

すぐに固くなり、夏場は傷みやすいので、いつも7個入りを買ってきてすぐに食べきっています。

いつもは、新幹線地下街エスカにある「名古屋みやげ処」に立ち寄り購入しています。

よく考えてみると、赤福となが餅はどちらも三重県の名物だったりします。

豊田スタジアムのグルメランキング

豊田スタジアムに行ったら食べてみたい、スタジアムグルメのランキングです。

1位 グラン巻(黒餡、白餡、チーズ餡)

2位 ZIZI工房足助村フランクフルト

3位 みそ勝つサンド

4位 大杉そば

5位 みそ勝つドッグ

ちなみに4位の大杉そばに使われているそば粉は、長野県根羽村で生産されるらしいです。

名古屋はおすすめグルメが満載

名古屋といえば?の勝手なイメージは、「美味しい食べ物や、おもしろい食べ物がある!?」です。

名古屋に行くときは、いつも何を食べようか、何をお土産に買おうか迷ってしまいます。

名古屋グランパスとの試合に行ったときはぜひ楽しんでください。

名古屋駅周辺の台湾ラーメンなら味仙(みせん)名駅店
クリックのご協力をお願いします!
にほんブログ村 サッカーブログ 松本山雅FCへ

-遊び・観光

Copyright© 松本山雅の応援ブログ , 2019 All Rights Reserved.