松本山雅FC応援ブログ - One Soul -

松本山雅FCのニュース・トピックスや観戦レポートを発信しています。twitter(@OneSoul1965)もやってます。今の山雅の話題がわかる便利なまとめアカウント。松本山雅を応援するすべてのファン・サポーターのフォローを目指しています。気軽にフォローしてください。

J1-1st-第5節 松本山雅×柏レイソルマッチレポート

更新日:

4月12日(日)に行われたJリーグ公式戦1stステージ第5節

松本山雅FC vs 柏レイソルの試合。

この日のアルウィンは、18514人という観客動員を記録しました。

多くの山雅サポーターが勝利を信じて、応援しましたが、

結果は、1-3で敗戦。前節の浦和レッズ戦からの2連敗となってしまった。

その試合を監督、選手のコメントを中心に振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

試合前の監督・選手のコメント

松本山雅FC 反町康治監督

『柏はやはり前線のタレントが強烈』

→今節の相手・柏の印象は?

現在の順位はあまり関係ない(柏は現在12位)。

やはり前線のタレントは強烈で、われわれとしてはしっかり準備したい。

まだホーム戦で勝ち点3を取れていないので、ここでスッキリと勝利したい。

柏の試合は打ち合いになる印象があるが、そうさせないことが重要になるだろう。

松本山雅FC FW 14 池元友樹

『柏は日本トップの強豪でサポーターも熱い』

→今節の相手・柏の印象は?

J1での優勝経験があり、ACLを戦っている。

日本でもトップクラスの強豪。

熱いサポーターもいて、魅力的なチームの一つだと思っている。

ただ、松本のサポーターも本当に素晴らしい。

開幕前キャンプのときからたくさんの方が来てくれたし、開幕戦もアウェイでも10000人の方が詰め掛けてくれた。

ホームでも特別な空気を作ってくれている。

柏レイソル 吉田達磨監督

『松本はすべてそろっているチーム』

→今節の相手・松本について

素晴らしいスタジアムにサポーター、勢いのあるチーム、情熱的な選手たち。

上昇していくために、必要なモノがすべてそろっているチームだと思っている。

キックオフが13時ということで、昼に試合をするということをもう1回イメージし直さなければいけないという作業も出てくる。

前々節の新潟戦もそうだったが、急に変わるスケジュールにいち早く順応していかなければならない。

柏レイソル DF 4 鈴木大輔

『北信越のクラブがJ1にあるというのはうれしい』

→今節の相手・松本について

スカパーで何試合か見たが、サポーターが多く、松本の良いプレーにすごく盛り上がるので、(チームも)波に乗れるのかなというのがある。

雰囲気に呑まれないことはすごく大事。

中学、高校と松本に行ったりしていたし、アルウィンで試合をしたこともある。

石川選抜と長野選抜はよくやっていた。

北信越のクラブがJ1にあるというのは、新潟もそうだったが、すごくうれしい。

試合内容

開始直後は、ホームの大歓声を追い風にペースをつかんだ山雅だったが、得点を奪うことが出来ない。

前半21分、柏の大谷選手にヘディングシュートを決められて先制を許してしまう。

すると、流れは一変し、柏にボールを回される展開となる。

後半に入っても、流れは変わらず、幾度となく決定機を作られてしまう。

後半18分、22分に太田選手、工藤選手に追加点を奪われてしまう。

後半46分、ペナルティエリア内に送られたパスを後藤選手が落とす。

飯田選手のシュートは、得点には至らなかったが、こぼれ球を途中出場の阿部選手が頭で押し込む。

1点を返すも、反撃はここまで。

ACLで結果を残している相手に力負けした試合となった。

試合後の監督・選手のコメント

松本山雅FC 反町康治監督

『最後の精度に差を感じた』

最後の精度に差を感じた部分はあった。

それはこのJ1に昇格してから分かっていることなので、それを言い訳にするつもりはない。

死力を尽くした結果なので、受け入れるが、次の試合(第6節・山形戦)が非常に大事なことは明白な事実。

なので、また良い準備をして遠い場所になるが、勝ち点3を取って帰って来たい。

1失点目は時間を掛けてのクロスなので、そこでしっかり対応できるかどうか。

残念ながらそこで勝てなかった。

2失点目は最後のところでしっかり守備に付けなかった。

やはり失点を減らさないことにはわれわれのようなチームは上には行けないのは認識している。

そこは直さないといけない。3失点目は相手を褒めるしかない。

松本山雅FC FW 39 阿部吉朗

『前に攻めて2点目を取りに行けたことは次につながる』

交代する直前に失点した。

ああいう状況ではやはり1-0のまま入って2点を取って逆転しようと考えていたが、その瞬間に取られたことで、今度はボールを回収する作業が出てくる。

1-0でもそうだが、相手のペースの中でどうボールを奪うかというプランも変わってくるので、難しい試合になる。

3点取られたことで向こうは回していればいいだけだった。

それでも前に攻めて2点目を取りに行けたことは次につながると思う。

柏レイソル 吉田達磨監督

『成長と集中力、気持ちの強さを感じた』

われわれが3点取って最後に1点を返されたが、得点はどれも『このように点を取れたらいい』というようなゴールだった。

ACLの激しい試合をした数日後の試合ということを考えても、選手たちの成長と集中力、気持ちの強さを感じた。

ただ、松本の堅い守備、多彩なセットプレー、かなり激しく体に来るディフェンスには、今日もかなり苦しんだ。

スレスレのところだが、プレーオンになって流れていくことを考えると、これからたくさんのチームを苦しめるだろう。

最後に失点したからすべてOKではない。

失点の原因も選手と簡単にミーティングをしてきた。

ただ久しぶりの勝利ということで選手を称えたいし、彼らにおめでとうと言いたい。

柏レイソル DF 4 鈴木大輔

『行き過ぎたり引き過ぎないことを意識した』

得点したあとに追い付かれるケースが多かった。

得点したあと、プレスは掛けるが、あまり行き過ぎないように、引き過ぎないことを意識しようと思っていた。

バラ(茨田)のところが空いていたので、(松本の)CBが持ったらバラを探して付けた。

そうすることで(相手が)遅れて出てきて、タケ(武富)とか谷くん(大谷)が空く。

そのあたりは狙いどおり。

[ad#ra-1]

-松本山雅 2015シーズン J1

Copyright© 松本山雅FC応援ブログ - One Soul - , 2017 All Rights Reserved.