松本山雅FC応援ブログ - One Soul -

松本山雅FCのニュース・トピックスや観戦レポートを発信しています。twitter(@OneSoul1965)もやってます。今の山雅の話題がわかる便利なまとめアカウント。松本山雅を応援するすべてのファン・サポーターのフォローを目指しています。気軽にフォローしてください。

J2 第3節 清水エスパルス×松本山雅マッチレポート

更新日:

3月13日(日)に行われたJ2リーグ 第3節 清水エスパルス vs 松本山雅FC の試合。

前節の横浜FCは、前線からアグレッシブな姿勢が見られ、試合を優位に進められていた。

球際の激しさと、セカンドボールへの執着心が相手を上回っていたと思う。

今節の清水エスパルス戦も、同じサッカーが出来るか、が見どころだった。

J1では、2戦2勝と相性の良い相手だったが、結果は0-0で引き分け。

その試合を監督、選手のコメントを中心に振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

試合前の監督・選手のコメント

清水エスパルス 小林 伸二監督

『勝つと全然違う。少しずつ自信に変わっている』

サイドハーフと2トップの連係で、

お互いを確認し合ってポジションを取っていくところは、まだまだやらなければいけない。

そこができるようになるとチャンスは増えてくると思う。

→ 今節の相手・松本には昨季J1で2戦して2敗だったが?

モチベーション的には相手が勝っているから、勝てると思ってくる。

こちらは『今季こそ勝つぞ』というモチベーションが高い。

それは面白いところだと思う。

ただ、勝つと全然違う。

負けグセが付いてしまい不安だったと思うが、少しずつ自信に変わっている。

清水エスパルス DF 3 犬飼 智也

『守備陣がゼロに抑えられたら負けることはない』

今節の相手・松本には昨季勝っていない。

前にいたチームなので、負けたくない。

松本に行く前にはあまり試合に出ていなかったが、松本で試合に出続けたから今がある。

良い結果を出したい。

相手は粘り強いし、セットプレーが武器なので、そこは警戒をしなければいけない。

スキを突いてくるチームなので、スキを作らないようにしなければいけない。

自分たち守備陣が(失点)ゼロに抑えられたら負けることはない。

しかも、いまのチームであれば点を取れると思う。

松本山雅FC 反町 康治監督

『昨季はチョン・テセに頼り過ぎていた』

→ 今節の相手・清水の印象は?

年齢層が下がり、若い選手が多い。

だからこそ、“これから”の匂いを感じる。

試合を見ても、そう簡単には勝てない相手だと思った。

人材はそろっており、非常に堅い試合運びをするチームだ。

→ 清水はチョン・テセ、角田らが離脱中だが?

ものは考えよう。

ある意味若手の多いチームにとっては、プラスに捉えられるかもしれない。

昨季はチョン・テセの能力に頼り過ぎていて、そればかりになっていた印象もある。

松本山雅FC MF 15 宮阪 政樹

『自分らの良さを出した上で、相手の良さを消したい』

→ 今節の相手・清水の印象は?

清水は若い選手が多く、フレッシュなチームという印象がある。

勢いに乗らせたら厳しいので、まずは先手を打てるようにしたい。

前節も早い時間に決まったことでリズムを作ることができた。

分析はこれからだが、知っている選手が多い。

自分たちの良さを出すのが前提だが、その上で良いところは消していきたい。

試合内容

試合全体を通して、堅い印象だった。

清水のシュート14本に対して、山雅は3本と思うように攻撃させてもらえなかった。

何度か決定機を作られたが、最後までゴールラインをわらせなかったことは評価できる点だった。

最終ラインの守備意識は高く、安定していた。

ハーフタイムの反町監督のコメント
  • ここから底力を出すとき
  • バイタルでのファーストディフェンスを早く
  • クロスは有効で攻撃はプラン通り

反町監督_0313_2

しかし、オビナ選手がケガでいないため攻撃に迫力がない。

山本選手、石原選手も守備での貢献度は大きいが、その分攻撃に移ったときのパワーが半減してしまっている印象がある。

なかなか前線でボールが収まらないので、後ろの選手が攻め上がることが出来ていない。

山本選手にはなんとか前線で起点になってほしい。

こういう状況だからこそ、セットプレーで得点を奪えると試合を楽に進められると思う。

試合詳細 合計 前半 後半
シュート
FK 12
直接FK 10
間接FK
コーナーキック
ゴールキック 10
PK
オフサイド
スポンサーリンク

試合後の監督・選手のコメント

清水エスパルス 小林 伸二監督

『最後のところの精度は、意識してやらせることが必要』

山雅は、J1にいただけあってプレスが速かったなと思う。

ちょっと入りは悪かったが、うまくボールは回せるようになったと思う。

守備に関しても、切り替えが速くできたと思う。

あとは3分の1のところ(アタッキングサード)で、うまく縦パスが入ったときに、個人からグループになるのにコミュニケーションが足りない。

事前にそういう情報を入れておくというのは必要かなと思う。

決定機がいくつかあるから…プレスで力が入って(ボールを)取って飛び出していると思うが、最後は力を抜いてシャープに蹴れるというのが必要かなと思う。

最後のところの精度は、すぐに変わることではないだろうが、意識してやらせることが必要だと思っている。

なかなかホームで勝てないので、次の札幌戦に向けて良い準備をして、ホームで勝ちたいと思う。

清水エスパルス MF 7 本田 拓也

『良いサッカーをしていても勝たなかったら意味がない』

→ 良い場面もあったが?

入っていないし、良いサッカーをしていても勝たなかったら意味がない。

ゲームの作りだけじゃなくて、クロスとかラストパス、フィニッシュとか最後の部分の精度をもっと上げていかないと、守備を固められたときには厳しいかなと。

特にホームでやるときは、相手が前に出て来ることはあまりない。

だから、こういうサッカーになりやすいし、こうなったときに、いかに精度を上げていけるかだと思う。

松本山雅FC 反町康治監督

『勝ち点3を持って帰れれば一番良かったが』

非常に良いゲームだったかなと思う。

お互いに自分たちのスタイル、良さを出し合ったゲームだった。

最後は少し押された感はあるけど、そうは言っても最後の10分をしのぎ切ったところは今後につながると思う。

持てる力を発揮したゲームだったと思う。

もちろん、勝ち点3を持って帰れれば一番良かったが、清水は非常に統制されているチームなので、なかなかペナルティーエリアまでボールを運べなかった。

アウェイにもかかわらず、われわれを応援してくださった、たくさんのサポーターには感謝している。

松本山雅FC GK 1 シュミット ダニエル

『このチームはやりやすいし、守りがいもある』

厳しい展開になることは試合前から予測していたし、集中しながらもあまりピリピリし過ぎず、良い緊張感で臨むことができた。

個人的にはキックミスが2本くらいあったので、そこをなくせばなお良かったと思う。

→ 開幕から3試合を消化して

ここまでPKの1失点のみなので、これからも今までどおりやっていければ。

このチームは選手全員の守備意識が高いので、自分としてもやりやすいし、守りがいもある。

いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 サッカーブログ 松本山雅FCへ

-松本山雅 2016シーズン J2

Copyright© 松本山雅FC応援ブログ - One Soul - , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.