松本山雅FCのニュース・トピックスや観戦レポートを発信!

松本山雅の応援ブログ

松本山雅

ホームグロウン制度で浮き彫りになった松本山雅の育成の問題点

投稿日:

ここ数日、ホームグロウン(HG)の件でザワザワしています。

ツエーゲン金沢の柳下監督もこの件でコメントを出しています。

 

松本山雅のホームグロウン問題は、1月の時点で条件を満たせないことは分かっていました。

2019年の新体制発表会のときにチーム統括本部の柴田編成部長が説明しています。

正式決定したのが4月25日の2019年度 第4回Jリーグ理事会でした。

 

それを受けて、日刊スポーツのある記事が配信されました。

記事の中では、今回の件を以下のように表現しています。

基準を「満た"せ"なかった」のは間違いないのですが「満た"さ"なかった」事情があったのです。

この「満たさなかった」という言葉に違和感を覚えました。

そもそも「満たさなかった」という表現を使う必要があったのでしょうか。

なぜ松本山雅がホームグロウン制度を順守できなかったのか、日刊スポーツの記事とは別の切り口で考えてみました。

HG制度を順守できなかった本当の理由

松本山雅の育成システムが上手くいっていないことは、クラブ、ファン・サポーターも長年危惧していたと思います。

この課題が、ホームグロウン(HG)制度で浮き彫りになってしまったのです。

 

HG制度の目的は、「各クラブが選手育成にコミットし、アカデミーの現場を変えていくこと」にあります。

村井チェアマンも「自クラブで育成した選手を起用しなくてはいけないという育成に関して直接的にコミットする制度」と説明しています。

 

制度の導入は、2016年11月からJリーグ理事会で話し合いが始まり、2018年11月に導入が決定しました。

クラブとしては、2年間で対象となる選手を育成する必要がありました。

しかし、育成は一朝一夕にはいきません。

今回のHG制度の件は、トップチームが成績を残しながら、ユースを育てるシステムが機能せず、急成長するクラブの中で「育成が追いつかない」状況を作ってしまったことが問題だと思います。

予算規模が小さいクラブなので、育成において明確な戦略を持って効率的にお金を回していく必要がありました。

 

実際2019年までに松本山雅に所属していた21歳以下の選手は何人いたのでしょうか。

J2に参入した2012年から2019年にHG制度の候補選手を何人獲得していたのか調べてみました。

加入年度選手名前所属現所属
2012有田光成北越高校-
2013永井堅梧三菱養和SCユース徳島ヴォルティス
山田満夫 ※1帯広北高校アスルクラロ沼津
和田達也興國高校栃木SC
木部未嵐静岡学園-
宮下周歩創造学園高校アルテリーヴォ和歌山
2014柳下大樹帝京高校カターレ富山
2015---
2016前田大然山梨学院附属高校松本山雅
2017ゴ・ドンミン大倫高校松本山雅
2018ジョ・ジヌ仁川南高校松本山雅
小松蓮 ※2産業能率大学松本山雅
2019山本龍平四日市中央工松本山雅
榎本樹前橋育英高松本山雅

※1 山田満夫選手は、高卒入団だが1度退団し仙台大に所属しているのでHG対象選手にならない
※2 小松蓮選手はU-18所属していためHG対象

 

J1クラブがHG選手として登録する必要のある選手は2人です。

ホームグロウン選手の定義

  • 12歳から21歳の間、3シーズン(3シーズンに相当する期間は990日間と定める)自クラブで登録していた選手
  • 満12歳の誕生日を含むシーズンから、満21 歳の誕生日を含むシーズンまでを対象とする
  • 期間は連続していなくてよい
  • 21歳以下の期限付移籍選手の育成期間は、移籍元クラブでカウントする
  • 選手を国籍、又はプロ/アマの別、又は年齢で区別しない
  • JFA・Jリーグ特別指定選手は、HG選手と見なさない

HG制度では、「12歳から21歳の間、3シーズン自クラブで登録していた選手」という規定があります。

3シーズンということは、2016年までに下部組織、高卒で入団した21歳以下の選手が2人以上必要でした。

うちの場合、2016年までに8人しか入団しておらず、その中でHG候補として残っているのは永井選手、前田選手の2人だけ。

ユースからの昇格もありません。

2018年に大学を中退して入団した小松選手がいて、ギリギリ2人以上という規定を満たす状況でした。

そんな状況でクラブは、永井選手を徳島ヴォルティス、小松選手をツエーゲン金沢にレンタル移籍させました。

柴田編成部長は、以下のように説明しています。

「来年のA契約が減らされるのは承知の上でも、2人の将来性を考えて判断した」
「若手に出場機会を与えることを優先した。鍛えて戻すのがクラブとしての考え方」

引用:新加入選手発表記者会見

この判断は選手の将来、クラブの育成を考えた決断だと思います。

しかし、結局のところトップチームで出場機会を得られる選手が前田選手しかいなかった、ということになります。

HG制度の目的や意義に照らし合わせると、現時点で選手育成にコミットできなかったということになるはずです。

だから、日刊スポーツの記事にある「満たさなかった」という表現に違和感を覚えたのです。

  • HG候補選手が3人しかいない
  • 移籍先のクラブ事情を考えて、HG選手カウント基準日前の移籍

どんな事情があったとしても、結局は「ホームグロウン制度を満たせなかった」のです。

松本山雅は決められたルールを守れず、違反したので罰則を受ける、ということです。

 

トップチームがトントン拍子に成長していく中で、アカデミーとのかい離が思った以上に広がってしまっていることが浮き彫りになりました。

これからの松本山雅の育成を本気で考えなければならないキッカケになったと思います。

日刊スポーツの記事は低品質だった

今回の件で予想以上に叩かれているのは、日刊スポーツの「松本がホームグロウン「不順守」だったワケ」という記事が原因だと思います。

正直、あの記事は1月の新体制発表会の内容を知っていれば30分で書ける記事です。

新しい情報がない2次情報だけの稚拙な記事をネット配信したと思います。

何より文章全体でルールを破ることを正当化(美談)するような表現になっている点が残念です。

 

断片的に見れば、選手のためを思ってルール破ってでも移籍させたクラブの苦渋の決断だったかもしれません。

でも、うちの育成問題はそんな簡単な話ではありません。

合計で3人しかHG候補選手を育てられていない、しかも2人はトップチームの実力がない。

そのことに触れず、既知の情報だけをまとめ、主観をちょっと入れた明らかに取材不足の記事でした。

まったく「現場発」ではないですね。

 

もし、このネタで書くなら柴田編成部長にこのタイミングで取材して記事にしてほしかった。

  • 今までの松本の育成の問題点
  • HG制度を満たせなかった件について
  • 今後の松本の育成について

大手新聞社の記者なら取材をもとにした客観性ある記事を書いてほしいです。

あの記事の内容では、松本嫌いの方々へ恰好の炎上ネタを提供しただけです。

どこのクラブも同じルールで運営しているのだから、松本だけ仕方なかったみたいな書き方はしてほしくなかった。

今季松本担当になられた記者の方の一発目の記事としては、非常に残念な内容でした。

これからは、ぜひ現場に行って集めた1次情報の記事を期待したいです。

J1クラブのHG選手の内訳

ほかのクラブのHG選手の登録人数も分かりました。

J1クラブのHG選手がどんなルートで入団しているのか気になったので調べてみました。

北海道コンサドーレ札幌:10人

選手名出身地前所属
阿波加俊太北海道コンサドーレ札幌U-18
進藤亮佑北海道コンサドーレ札幌U-18
濱大耀北海道コンサドーレ札幌U-18
中村桐耶北海道コンサドーレ札幌U-18
中原彰吾北海道コンサドーレ札幌U-18
深井一希北海道コンサドーレ札幌U-18
宮澤裕樹北海道室蘭大谷高校
荒野拓馬北海道コンサドーレ札幌U-18
菅大輝北海道コンサドーレ札幌U-18
藤村怜北海道コンサドーレ札幌U-18

ベガルタ仙台:5人

選手名出身地前所属
常田克人埼玉県青森山田高等学校
椎橋慧也千葉県市立船橋高等学校
関口訓充東京都帝京高等学校
富田晋伍栃木県東京ヴェルディユース
道渕諒平宮城県ベガルタ仙台ユース→明治大学

鹿島アントラーズ:12人

選手名出身地前所属
曽ヶ端準茨城県鹿島アントラーズユース
川俣慎一郎静岡県鹿島アントラーズユース
沖悠哉茨城県鹿島アントラーズユース
内田篤人静岡県清水東高校
伊東幸敏静岡県静岡学園高校
町田浩樹茨城県鹿島アントラーズユース
佐々木翔悟茨城県鹿島アントラーズユース
土居聖真山形県鹿島アントラーズユース
平戸太貴茨城県鹿島アントラーズユース
遠藤康宮城県塩釜FCユース
鈴木優磨千葉県鹿島アントラーズユース
有馬幸太郎茨城県鹿島アントラーズユース

浦和レッズ:8人

選手名出身地前所属
石井僚群馬県浦和レッズユース
茂木力也埼玉県浦和レッズユース
荻原拓也埼玉県浦和レッズユース
橋岡大樹埼玉県浦和レッズユース
大城蛍沖縄県浦和レッズユース
宇賀神友弥埼玉県浦和レッズユース→流通経済大学
山田直輝埼玉県浦和レッズユース
池髙暢希北海道浦和レッズユース

FC東京12人

選手名出身地前所属
波多野豪東京都FC東京U-18
小川諒也東京都流通経済大学付属柏高等学校
岡崎慎東京都FC東京U-18
渡辺剛埼玉県FC東京U-15深川→山梨学院中学高等学校→中央大学
久保建英神奈川県FC東京U-18
橋本拳人東京都FC東京U-18
内田宅哉千葉県FC東京U-18
鈴木喜丈東京都FC東京U-18
平川怜東京都FC東京U-18
品田愛斗埼玉県FC東京U-18
矢島輝一東京都FC東京U-18
原大智東京都FC東京U-18

川崎フロンターレ:6人

選手名出身地前所属
安藤駿介東京都川崎フロンターレU-18
登里享平大阪府香川西高等学校
大島僚太静岡県静岡学園高校
田中碧神奈川県川崎フロンターレU-18
脇坂泰斗神奈川県川崎フロンターレU-18→阪南大学
宮代大聖東京都川崎フロンターレU-18

横浜Fマリノス:10人

選手名出身地前所属
飯倉大樹青森県横浜F・マリノスユース
原田岳岩手県横浜F・マリノスユース
栗原勇蔵神奈川県横浜F・マリノスユース
高野遼神奈川県横浜F・マリノスユース→日本体育大学
喜田拓也神奈川県横浜F・マリノスユース
天野純神奈川県横浜F・マリノスユース→順天堂大学
遠藤渓太神奈川県横浜F・マリノスユース
山田康太神奈川県横浜F・マリノスユース
椿直起東京都横浜F・マリノスユース
山谷侑士神奈川県横浜F・マリノスユース

湘南bベルマーレ:5人

選手名出身地前所属
真田幸太神奈川県湘南ベルマーレユース
齊藤未月神奈川県湘南ベルマーレユース
柴田壮介神奈川県湘南ベルマーレユース
古林将太神奈川県湘南ベルマーレユース
鈴木国友神奈川県湘南ベルマーレU-15→相洋高等学校→桐蔭横浜大学

松本山雅:1人

選手名出身地前所属
前田大然大阪府山梨学院大附属高

清水エスパルス:13人

選手名出身地前所属
高木和徹栃木県清水エスパルスユース
梅田透吾静岡県清水エスパルスユース
立田悠悟静岡県清水エスパルスユース
松原后静岡県浜松開誠館高校
伊藤研太愛知県清水エスパルスユース
竹内涼静岡県浜松開誠館高校
石毛秀樹静岡県清水エスパルスユース
水谷拓磨静岡県清水エスパルスユース
西澤健太静岡県清水エスパルスユース→筑波大学
滝裕太静岡県清水エスパルスユース
平墳迅岐阜県清水エスパルスユース
北川航也静岡県清水エスパルスユース
金子翔太栃木県JFAアカデミー福島

ジュビロ磐田:13人

選手名出身地前所属
八田直樹三重県ジュビロ磐田ユース
志村滉千葉県船橋市立船橋高等学校
大井健太郎静岡県静岡県立藤枝東高等学校
小川大貴静岡県ジュビロ磐田ユース→明治大学
大南拓磨愛知県鹿児島実業高等学校
石田崚真静岡県ジュビロ磐田ユース
森下俊三重県ジュビロ磐田ユース
太田吉彰静岡県ジュビロ磐田ユース
山田大記静岡県ジュビロ(U-15)→静岡県立藤枝東高等学校→明治大学
山本康裕静岡県ジュビロ磐田ユース
上原力也静岡県ジュビロ磐田ユース
中野誠也静岡県ジュビロ磐田ユース→筑波大学
小川航基神奈川県桐光学園高等学校

名古屋グランパス:5人

選手名出身地前所属
菅原由勢愛知県名古屋グランパスU-18
成瀬竣平愛知県名古屋グランパスU-18
藤井陽也愛知県名古屋グランパスU-18
青木亮太東京都流通経済大学付属柏高等学校
杉森考起愛知県名古屋グランパスU-18

G大阪:13人

選手名出身地前所属
東口順昭大阪府ガンバ大阪ジュニアユース→アルビレックス新潟
林瑞輝大阪府ガンバ大阪ユース
田尻健大阪府ガンバ大阪ユース
谷晃生大阪府ガンバ大阪ユース
野田裕喜熊本県熊本県立大津高等学校
菅沼駿哉大阪府ガンバ大阪ユース
倉田秋大阪府ガンバ大阪ユース
市丸瑞希大阪府ガンバ大阪ユース
奥野耕平兵庫県ガンバ大阪ユース
芝本蓮大阪府ガンバ大阪ユース
髙木彰人大阪府ガンバ大阪ユース
白井陽斗大阪府ガンバ大阪ユース
食野亮太郎大阪府ガンバ大阪ユース

C大阪:13人

選手名出身地前所属
丹野研太宮城県FCみやぎバルセロナユース
藤本康太熊本県熊本国府高等学校
丸橋祐介大阪府セレッソ大阪U-18
瀬古歩夢大阪府セレッソ大阪U-18
山下達也兵庫県御影工業高校
舩木翔奈良県セレッソ大阪U-18
秋山大地大阪府セレッソ大阪U-18
斧澤隼輝長崎県セレッソ大阪U-18
西本雅崇大阪府セレッソ大阪U-18
丸岡満徳島県セレッソ大阪U-18
柿谷曜一朗大阪府セレッソ大阪U-18
中島元彦大阪府セレッソ大阪U-18
山田寛人愛知県セレッソ大阪U-18

ヴィッセル神戸:9人

選手名出身地前所属
吉丸絢梓宮崎県ヴィッセル神戸U-18
荻晃太岐阜県岐阜県立岐阜工業高等学校
藤谷壮兵庫県ヴィッセル神戸U-18
小林友希兵庫県ヴィッセル神戸U-18
増山朝陽福岡県東福岡高等学校
三原雅俊熊本県ルーテル学院高校
中坂勇哉徳島県ヴィッセル神戸U-18
安井拓也兵庫県ヴィッセル神戸U-18
小川慶治朗兵庫県ヴィッセル神戸U-18

サンフレッチェ広島:12人

選手名出身地前所属
林卓人大阪府金光大阪高等学校
大迫敬介鹿児島県サンフレッチェ広島ユース
井林章広島県サンフレッチェびんごJr.Y→東京ヴェルディ
荒木隼人大阪府サンフレッチェ広島ユース→関西大学
高橋壮也島根県立正大学淞南高等学校
青山敏弘岡山県岡山県作陽高等学校
野津田岳人広島県サンフレッチェ広島ユース
森島司三重県四日市中央工業高等学校
東俊希愛媛県サンフレッチェ広島ユース
松本大弥東京都サンフレッチェ広島ユース
清水航平福岡県東海大学付属第五高等学校
川辺駿広島県サンフレッチェ広島ユース

サガン鳥栖:4人

選手名出身地前所属
高橋義希長野県松商学園高校
石川啓人福岡県サガン鳥栖U-18
樋口雄太佐賀県サガン鳥栖U-18→鹿屋体育大学
石井快征福岡県サガン鳥栖U-18

大分トリニータ:7人

選手名出身地前所属
岩田智輝大分県大分トリニータU-18
刀根亮輔福岡県大分トリニータU-18
小手川宏基大分県大分トリニータU-18
坂井大将長崎県大分トリニータU-18
高畑奎汰大分県大分トリニータU-18
後藤優介鹿児島県大分トリニータU-18
吉平翼大分県大分トリニータU-18

J1クラブのホームグロウン登録選手の人数は158人でした。

そのうちクラブユース出身者は111人で全体の70%になりました。

高卒の選手が29人、ユース→大卒の選手が13人でした。

HG登録選手は、ユース出身者の占める割合が大きいことが分かりました。

ユース出身者なら入団1年目からHG対象選手になれますが、高卒の場合は入団してから3シーズン過ごさなければなりません。

規程人数を揃えるだけなら、高卒の選手よりもユース選手の方が数合わせはしやすいのかもしれません。

ただ、トップチームで使える見込みのない選手を昇格させてもチーム強化にはなりませんけどね。

ユースから大学を経由して、クラブに戻ってきた選手が8%しかいないことに驚きました。

大学4年間で成長して、即戦力として戻って来られたチーム・選手、お互いにプラスだと思っていたのですが、そう簡単にはいかないようです。

HG制度をキッカケに変化が必要

今回のHG制度の一件で、改めて育成について考えさせられました。

松本の場合、アカデミー創設15年、Jリーグ加入して8年目になります。

現状、アカデミー出身者がJリーグの選手になったのは長澤選手(讃岐)と小松選手の2人だけです。

まだまだ育成システムが上手く機能していないのが課題です。

今季から水戸で前田大然を育てた西ヶ谷さんがU-18の監督になりました。

Jリーグクラブ監督経験者がアンダー世代の監督に就任するのは岸野さん以来になります。

なんとかこの状況を打破してほしいと思います。

 

移籍の件も、永井選手、小松選手のポジションが関係していたかもしれません。

山雅にとってゴールキーパーとセンターフォワードの枠は1つだけです。

GKでは守田選手、村山選手、ゴ・ドンミン選手、田中選手と4人も競争相手がいます。

CFもレアンドロ選手、高崎選手を筆頭に永井選手、前田選手、山本選手など複数ポジションをこなせる選手がいる中で競争は熾烈です。

クラブに残って練習するのか、移籍させて実戦経験させるのか、どちらがいいのか判断したのだと思います。

移籍させた判断は正しいと思いますが、そもそもHG選手が3人しかいなかったことは問題です。

来シーズンは、ゴ・ドンミン選手がHG選手になり、対象選手が4人なります。

2022年までに4人以上確保する必要があるので、計画的な育成が必要になってきます。

期待しているのは、小松選手の代の賜選手や杉山選手たちが大卒で松本に戻ってくることです。

今後はさらに踏み込んだ「ホームタウングロウン制度」の導入も予想されます。

地元出身選手を各クラブに所属させる必要になるかもしれません。

今後は、地元のジュニアチームや高体連との連携も大切になりそうです。

クリックのご協力をお願いします!
にほんブログ村 サッカーブログ 松本山雅FCへ

-松本山雅

Copyright© 松本山雅の応援ブログ , 2019 All Rights Reserved.